フォローアップ外来について

アレルギー外来

子どものアレルギー疾患には食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などがあります。 これらについて、なぜそうなってるのか、どうしてその薬剤が効くのかなどをしっかり説明し理解した上で一緒に治療していきたいと考えています。

  1. 食物アレルギー

    食物アレルギーは、ある特定の食べ物を食べたあとに皮膚の発赤・痒み・咳・喘鳴・腹痛・吐き気などを生じる病気です。
    症状は皮膚が少し赤くなる程度のものから、ショック状態に至るまでさまざまです。
    詳しい問診の上、原因物質の特定を推定します。
    そのために、血液検査や食物経口負荷テストなどを行います。
    *ただし、血液検査は原因ではなくとも陽性となることがあるので、参考程度にと考えております。
    食物アレルギーの診断は、食べて症状が出るか、中止して症状が改善するかのみでしか診断できません。
    成長期の小児にはできるだけ必要最小限の制限をと考えています。
    制限されてる方も適切な時期に制限解除を行っていきたいと考えています。
    アナフィラキシーを生じるお子様に対しては、エピペンの処方を・指導を行っております。
    今までに症状はないけど、不安でなんとなく除去している方、血液検査で陽性だから漫然と除去されている保護者の方も多く、その場合にも適切な指導をさせていただいてます。

    食物経口負荷テスト
    当院では食物アレルギーの原因となる食物の診断や除去食の解除ができるかの判断のために食物経口負荷テストを行ってます。
    完全予約制で、検査内容を説明し、承諾書をいただいております。
    詳しくはお電話にて、ご相談ください。

  2. 気管支喘息

    こどもは気管支が細いこと、また生理的な特徴やウイルス感染が多いことも関連し、ゼイゼイを生じることが多いと考えます。
    これらは年齢とともに改善することがほとんどです。
    しかし、アレルギーが原因で喘息を引き起こしている場合は、感染によって引き起こされている場合に比べて、時間がかかることが多いです。
    まずは、感染が原因なのか、アレルギーが原因なのか、または喘息のように見えるが、痰の垂れ込みでゼイゼイとなってるのかなどを確認します。
    問診、診察、各種検査(血液検査、呼吸機能検査)などで年齢・症状を考慮し、診断・治療に当たらせていただきます。
    *呼吸機能検査は手技的な問題もあり、6歳以上が適応と考えております。
    治療は重症度に応じて内容が異なります。
    その中でも、定期的な内服、吸入は大切な役割を果たします。
    調子が良くなると、どうしても自己判断で中止されるケースも多く見受けられます。
    お子様の性格やライフスタイルに合わせて、吸入薬や吸入方法など治療が有効になされるように選択していきます。
    こどもの喘息は大きくなるにつれて改善することが多く、適切な治療を行えば副作用の心配なく、普通に日常生活が行えます。
    いま、児に何が起こっていて、どういう状態で、飲み薬、吸入がどういう役割を果たしているのかなど、しっかり説明させていただきます。

  3. アレルギー性鼻炎・花粉症

    こどものアレルギー性鼻炎・花粉症は年々増加しており、低年齢でも症状が見られることがあります。
    当院では、詳しい問診・血液検査・鼻鏡検査などで診断しております。
    治療は原因抗原からの回避、抗アレルギー薬、点鼻薬、点眼薬を症状に応じて処方しております。
    また、最近話題の舌下免疫療法ですが、2014年より12歳以上に限りスギ花粉についての治療が保険適応となりましたので、希望のある方はご相談ください。

    *舌下免疫療法
    スギ花粉の飛散が始まる3ヶ月以上前から開始します。
    スギ花粉が飛散する時期からは治療は開始できません。
    方法はシダトレンという花粉を含むエキスを舌の下に毎日滴下し、これを徐々に維持量まで増やし、減感作する方法です。
    ただし、問題点もあります:2~3年毎日継続が必要であること、また有効率は70%であること。当初は口腔内が痒いなどの副作用が出ることがあるなど。
    現状では根本的に治癒する可能性のある方法のひとつではありますが、クリアすべきハードルがいくつもあるのも事実です。
    当院では現状の内服、点鼻、点眼ではコントロールが難しいが、なんとしても治したいという強い意思がある方にのみお勧めしています。

  4. アトピー性皮膚炎

    痒みがあること、特徴的な皮疹の分布(左右対称:両肘、両膝裏など)、慢性反復性の経過をたどることなどが特徴です。
    当院での治療目標は①痒がらずに眠れること②遊び・学習に痒みを忘れ集中できることです。見た目の皮膚をきれいにすることではありません。
    ①、②ができる必要最低限の治療を行い、自然に治癒する時期まで児にストレスの少ない生活をおくらせてあげることが大切であると考えています。
    外用剤の使用、スキンケアをすれば早く治るというわけではありません、何も治療しない場合と比べても自然に治る時期は変わりません。
    ただし、毎日痒くて睡眠が十分に取れない、痒くて授業に集中できないといった生活が長期間続けば、目には見えませんが失うものは非常に大きいと思います。
    皮膚のバリア機能、抗原の除去、保湿剤などによるスキンケアの方法、正しい外用ステロイド剤の使用方法などを児の生活環境、性格などに応じてゆっくり説明させていただきます。

血友病外来
血友病は血がうまくかたまらないために出血症状を起こす病気です。
当院ではインヒビターを持たない血友病患者(軽症~重症)の患者さんに、血液凝固因子製剤の投与または、在宅自己注射の導入の指導などを行っております。
クリニックならではの利点である、自己注射、両親の注射の練習などを、家族の人の時間にできるだけあわせて指導しております。
また、定期的に患者さん同士の家族会・勉強会なども開催しております。
成長ホルモン外来
成長障害の原因のうちで、成長ホルモン分泌不全性低身長症は、成長障害の10%ほどを占めるに過ぎません。しかし、もしそのように診断されれば、成長ホルモンによる治療が可能であり、大部分の場合、有効に身長を伸ばすことができます。
当院では現時点ではSGA性低身長などの児の成長ホルモン投与を行っております。
現時点では、成長ホルモン投与の指導・薬剤の処方などのみ行っております。
夜尿外来
当院では宿泊行事などを考え、8歳以上で週2日以上夜尿がある児または小学校に入学してからも週の半分以上夜尿がみられる児がよい対象ではないかと考えています。
まずは詳しくお話を聞かせていただき、尿検査(膀胱容量、浸透圧)、必要であれば腹部エコー、血液検査もさせていただきます。
まずは生活指導(水分制限)、食事療法などを行っていただき、それによってどれくらい変化があったかを確認します。
その後、児・家人の考え方、膀胱容量などを参考に
    ①尿アラーム療法
    ②抗利尿ホルモン剤
これらを選択、組み合わせて治療していきます。
尿アラームは当院にて貸し出ししております。
詳しくは、診療の際に説明をさせていただきます。
発達外来
  1. 低出生体重児の発達フォロー

    新生児集中治療室(NICU)で10年以上勤務していた経験を生かし、早産児・低出生体重児の発達のフォローもさせていただいてます。
    精神・運動発達、体重増加、栄養指導、発達検査(K式検査)なども当院で行っております。
    また、RSウイルスに対するシナジスの投与も行っております。

  2. 発達障害(自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害(ADHD)、不安障害、学習障害、知能障害など)、小児心身症(不登校、起立性調節障害、頭痛、腹痛)。

    それ以外でも、何か気になる場合は一度連絡してみてください。
    話をゆっくり聞かせていただき、知能・発達検査、心理カウンセリングなどを行っております。
    何よりも、児がどうして周囲に適応しにくくなっているかなどを、ご両親に理解していただくことが大切と考えています。
    お母さんが相談に来られ、お父さんはあまり知らないという場合も多く見受けられます。
    当院ではできるだけ、お父さんにも説明にきていただけるようにお願いしています。
    まずは、児にとって何が必要で、どういう介入をしてあげるのがいいのかなど、学校・家庭での環境整備をしっかり行います。
    適宜、学校の先生、地域の福祉センターとも連絡を取っております。
    どうしても、1人に1時間から1時間半はかかってしまいますので、初回受診以外は2回目以降、診療終了後に予約制でお話させていただいてます。
    月・火・木・金の20時から、水・土の13時以降から診療・説明させていただいてます。
    小児の経験豊富な女性臨床心理士に入ってもらっており、適宜、発達テストやカウンセリングも行っております(第2、第4火曜日、第4土曜日)